« February 2005 | Main | April 2005 »

March 30, 2005

スティービー・ワンダー

新曲の『So What The Fuss』が、今夜の7thcolorsでかかりました。
新曲ですが、私、この曲を2003年の12月に、さいたまスーパー
アリーナで生で聴いています(笑)。
えぇ、一足お先に、一緒に唄ってきましたのよぉ~♪
スティービーがちゃんとレッスンしてくれて、みんなで一緒にコーラス
「しぇ~ぃんしぇ~ぃん♪」ゆーてきました。みんなでやると、超カッコ
イイです。はい。でもね「So What The Fuss!!」って言うタイミング
とね、発音がちょっと難しくて、観客がついて行ききれてなくて(笑)
スティービーが「まだまだ!もっともっとだよぉ~!」ってしつっこく
煽ってました。(爆)だって、あの時、みんな初めて聴いたはずで、
ちゃんと聴き取れてない人も多かったはず・・・無理も無いよなぁ。
でもねぇ、やっぱりあの歌声はすんごかったわ。。。感動やったです。

そういえば、私が参加したのは2日目だったのですが、初日は何と
平井の堅ちゃんが出演したらしぃですね・・・行く途中の車の中でFM
ラジオ聴いて、のけぞりました。。。ちっ・・・惜しいことをしたわ。(笑)
(って、北陸から埼玉まで車で自走するなよぉ~走行距離伸びまくり)

| | Comments (7) | TrackBack (0)

March 29, 2005

この人・・・と言ってしまう理由。

楽器というのは、やっぱり使っていると愛着も沸いてきて
何かの拍子で出来なかったことが出来たりすると、ふと
互いの意思の疎通がうまくいったような、自己満足(笑)
に陥る・・・瞬間が(私の場合は)あります。
中学生の頃は吹奏楽部でサックスを吹いていたけれど、
あれは学校の楽器で『借り物』だったから、卒業するとき
は結構寂しかったなぁ・・・。新設の部で全ての楽器が、
新品だったため、楽器にとっても私が初めてのユーザー
だったから、自分の楽器という意識が少なからずあった。
でも、実際に自前だったのはリードだけ。ボロボロになった
リードは何故か今も棄てられず、引出しの中にあったり。
何の役にも立たないガラクタですけどね。(笑)

ギターもウクレレも、抱えて奏でる楽器なのだけど、この
「抱える」というスタイルって実は重要なのかもしれない。
音は主にサウンドホールから出てはいるけれど、ボディー
の振動は常に直接自分の身体に伝わっている。これが
実はとても心地よいのだと思う。弾いてる本人にしか伝達
しない、楽器の鼓動。これが感じられることで凄く、日々
安心している自分に、最近やっと気がついた(爆)。
こう書くと、何て寂しいヤツなんだ(笑)と自分を嘲るけど、
でも楽器は正直で、弾くとその時の自分に気付かされた
りもする。言わなくても解ってくれる・・・?変な錯覚に(笑)
危ないぞ!!!社会性を失いそうでコワイ今日この頃。。。
弦を張り換えたり、指板にオイルを塗ったり、ボディーを
クリーナーで拭いたりするのも、一つのコミュニケーション
みたいになっている。。。何かにうっかり当ててしまったとき
等は「あっ!ごめん!」とか口走る瞬間さえある・・・言った
後で実に馬鹿っぽいなぁ・・・と反省したりもする(笑)。
でもでも、嘘つかないんだもんなぁ・・・この人ってば(笑)。
下手でゴメンよ。でも君のこと、大好きだよ♪(はぁと)。
(~片思いまっしぐら~)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『セキュリティーブランケット』

スヌーピーで有名な漫画『ピーナッツ』に登場するライナス君は
赤ちゃんの頃から肌身離さず1枚の毛布を持ち歩いている。
彼はそれがないと、不安でいても立ってもいられなくなるのだ
そうな。持っていると安心する、落ち着くもの。誰にでもそういう
ものって、あるのかもしれないな。山崎さんは、いつだったかファン
からの、「ステージで緊張しない方法を教えてほしい」という問いに
「普段使っているものを一つ見える所に置いておく」という回答をし
ていたっけ。

山崎さんの場合は、OKSTのようなワンマンライブなら、小道具
のテーブルに何か置いておくことも可能だけど、TVの時ってどう
しているんだろう?ふっと、そんなことを思った。。。
新曲のお披露目なんて時は、凄く緊張するはず。なんとなく…、
『僕らは静かに消えていく』をMステで唄ったときの事を思い出
した。あの時、山崎さんはLOを弾いていた。TVで(ピックアップ
の付いていない)LOを(ギター用のマイクも立てず)弾いているの
は珍しいと思った。
世間的には『山崎まさよし』といえば『J-45』とか『SJ』で、多分
「ステージではサザンジャンボ」というイメージが定着している。
「今回はギターの音を拾わない」…そういう事ならば、ピックアップ
の付いていない『J-45』でも『SJ』を繋がずに弾いてもよかった
はず(繋いでおいてみせて、拾わないことだってできるのに)。
あの時、『LO』を持って唄ったのには、そういう(どういう?)意味が
あるのかな・・・とか、思った。真正直というか、何と言うか・・・。
(まだこの曲は自分の身体に入っていないんよ~、というファンに
宛てたメッセージとも取れるかなぁ…等と、、、深読みしすぎやわ
…いかんいかん)
いや、単にJ-45を持っていくの忘れただけかも?(おいおい)。
どちらにせよ、ギターを弾いて唄っているのに、そのギターの音が
聴こえないのは、ちょっと寂しかったかなぁ。
本人からしたら、まだ聴かせられない…っていう段階だったのかな。
その後の佐渡島ライブでは転調なしで聴かせてくれた。すごく素敵
だった。逆に転調いらんな・・・と思った(笑)。転調して盛り上げるよ
りも、淡々と繰り返す事で、真っ直ぐ伝わる場合もあると思った。

作品を発表するにあたって『期限』があることもそうだけど、唄い手
でもあり、プレイヤーでもあるソロのミュージシャンって、作ることも
演奏することも、唄うことも自分一人で、負担が大きいんだろうな。
そんな風にメジャーで10年、表に居続けるって大変なことだと思う。
いつも持ち歩いてるあのLOが、山崎さんにとっての『セキュリティー
ブランケット』なのかなぁ・・・そうだといいなぁ…。
『僕らは静かに消えていく』の短編映画版のポスターを観ながら
今日は、そんなことを考えていた。。。

私にとっての『セキュリティーブランケット』は『山崎楽曲』そのもの
だなぁ・・・(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2005

LuckyRaccoon Vol.10

4月下旬に発売予定の第10号は表紙を飾るそうです。
次号のテーマは“季節感って何?”(笑)。
悪天候の中、函館での撮影取材は困難を極めたようで・・・。
http://www.luckyraccoon.com/main.html
のplanning room for next issue 3月20日UPに、もはや
識別不可能に近い写真が…(笑)…バックが海だもの…
これは…観てるだけで寒いわ…。

『表紙を飾る山崎まさよしはTシャツ+パーカー+ダウン
ジャケットという重装備でした。だってもう、ホンットに寒かった
の、函館は! ツアー中の山崎くんが風邪ひいたら大変。
ビュンビュン風が吹いてるところに冷たい雨が降ってきて、
撮影自体もまもなく続行不可能に。ああ。暗雲が立ち込める、
そのせつなさまでもお伝えしたい次号です。お楽しみにー。』

だそうですよ!楽しみですぅ~♪

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 27, 2005

『メヌエット』(アニメVer.)

昨晩、スペースシャワーTVで、新曲『メヌエット』のPVを観た。
もろアニメだった。まぁ、それはある程度予測できたことだった
のですが・・・どれくらいの人が気付いただろうか。。。
昨年秋にロマサガの公式HPで配信されていたメロディー、
あの頃「るるるぅ~♪」で唄われていた1コーラス約1分程の
メロディーを、私は何度も繰り返し聴いていた。メロディーは
覚えてしまっていたから歌詩がのって出来あがったこの曲を
初めてアニメVer.のPVで聴いた瞬間に、「あっ…」と思った。
メロディーの一部が変わっていたのだ。ほんのちょっと、前は
繰り返しだった部分の後半3~4小節くらいだろうか・・・。
たったそれだけで随分と印象が変わるものだなぁと思った。
はぁ~なるほど・・・より一層の「さすらい感」ですよ。(納得)
いやはや、やりますなぁ。(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 26, 2005

うそぉ~ん。。。

新曲「メヌエット」は、映像美を誇る「ロマサガ」とのタイアップ。
ちょっと、胸騒ぎ・・・。気になってきたのでスペシャのHPで
アーティスト検索。オンエア情報をみてみた。すると・・・。

メヌエット (アニメ Ver.)
NEW CUTS WEEKEND
2005/03/26 23:00~24:00

え?アニメVer.・・・?あにめばぁーじょん?…アニメバージョン?…。
それって、つまり、謎なアコーディオン男のマカロニウエスタンは
観られないってこと・・・???・・・がびょぉ~ん・・・。
アニメかぁ・・・ゲームの映像と合わせてるのかな。あれかな、
バーバラ@旅の踊り子とかが、くるくる踊っちゃうのかな…。
まぁ、タイアップだからそんなこともあるわなぁ・・・ちょっと寂しいけど
唄をフルで聴けるわけだから、まぁ良しとしますか。。。そのうちでも
いいから、kyonさんと一緒に撮ったPVも流してほしいな。(涙)

caraimg_08_
ほいで、この人が旅の踊り子、バーバラさん。(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 22, 2005

耳がダンボで首がキリン

ライブ参加がまだまだ先で、頭の中で色んな妄想がぐるぐる。
髪がすごい事になっているらしぃ…とか、新曲今までにない
感じでとてもいい…とか、色んな情報が交錯する…。まさに
進化してる真っ最中なんだろうな・・・。早く聴きたいなぁ…。
明日のラジオで解禁にならないかな。
新曲のPVも早く観たいよぉ~♪。

そうそう、ギターのツバメ・・・とっても良いなぁ。時間かかり
そうだけど、頑張って、耳と目でコピろうと思う。
ツバメは、ギターの方が好きだなぁ。ライブではエレピみたい
だけど・・・ライブ会場のリクエストに書いちゃおうかな。。。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

March 20, 2005

想い出の場所

映画の時間まで1時間あったので金沢の街を少し歩いた。
高校生の頃は川沿いを自転車でよく走っていたっけ・・・。
春は桜の花吹雪。夏は花火大会。冬にこの街を歩いたこと
ってあまり無かったかもしれない。だって、川沿いって寒い
んだもの・・・。
この写真は、今年の冬の思い出が詰まった場所。
もう雪もすっかり無くなって、あの時とは少し違うけど。。。
辛くなったときはここに来て、あの場所から街を眺めよう。
来年の冬も、雪が降ったら、一番に足跡をつけに来よう。
街灯の光りを反射する雪で、夜でも明るいあの石段に、
しばらくの間、腰掛けて、黙って耳をすませていたら、また
あの日のように、雪の降る音が聴こえてくるかもしれない。

teramachi

sakurabasitume

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『銀のエンゼル』

今日は金沢のシネモンドという映画館に行ってきた。
小日向文世さんが出演している「銀のエンゼル」を観るために。
シネモンドは金沢109の4階にある小さな映画館。年に数回
利用している。入り口前で公開予定の映画のフライヤーの配布
をチェック。イッセー尾形さんと宮沢りえさんの『トニー滝谷』の
フライヤーをゲット。Jam Films S はポスターは貼ってあったけど
フライヤーは無かった。公開予定を店員さんに聞いたら
「公開は5月中旬の予定です。」って、細かい日程はまだらしい。
5月中旬・・・ちょうど金沢・高岡ライブの頃かな?いいタイミング。
そういえば、今日はOKST’05北陸地区の一般発売日だった。
返金の音沙汰がないから、これでチケットは確実に確保かな。
届くまで心配だけど。。。

「銀のエンゼル」はちょっと温かくなって、ちょっと謎?の残る
内容だったなぁ。大泉洋さんがいい味だしてました。あと西島
秀俊さんも不思議な雰囲気で良かったな。透明感のある役者
さん…って感じ。西島さんは「トニー滝谷」にもナレーションで
参加なさっているとか・・・あの声か…なるほど、いいかも。。。
小日向さん好きだな。。。何だろう、あのちょっと頼り無い感じ
だけど、温かそうな笑顔が素敵だなぁ。
チャンネルNECOで観た「銀のエンゼル」のプロモーション番組
で誰かが言ってた。ロケの時、移動車両の運転をしている人
がとても疲れていて眠そうだったのをみて、小日向さんがガムの
包みを開いて「はい(^^)」って渡してあげたらしく、その人が
「すみません、ありがとうございます」ってお礼を言ったら、
「だって僕、まだ死にたくないもぉ~ん(^^)」って、あの笑顔で言っ
てたんだそうな。可愛い…。そういうお茶目さん好き。
その場の空気を和ませる人って、素敵だなぁ、憧れるわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 19, 2005

『メヌエット』にDr.kyon参加!

今週の7th colorsで、ちらっと喋っていた。
「メヌエットはkyonさんと、ほぼ二人で作った…(笑)」って。
で、PVも一緒に撮影してきたらしぃ。撮影現場は、千葉の
九十九里方面って、kyonさんのオフィシャルページに書い
てあった。
謎なアコーディオン男のマカロニウェスタン?だって…(笑)
楽しみぃ~♪(^^*)って・・・私は一体誰のファンなんですか。
しかし、『メヌエット』のPVって何かに収録される予定は
あるのだろうか・・・今回のシングルはオマケDVDは付か
ないし…。スペシャとM-onが頼りですわ…。

ラジオで、募集してた『HOME』のリクエスト、ベスト3は
1位「One more time, One more chance」、
2位「ヤサ男の夢」、3位「HOME」でした。やっぱり1位は
ワンモアなのか・・・。ワンモアって、とっても良い曲だけど
そうそう気軽に聴けない曲なのだなぁ・・・私は。
何度聴いても、聴くたびに新しい痛みを覚えるというか…。
だから、ギターでもこの曲は練習できないのね(笑)。
「ベンジャミン」弾いて欲しかったなぁ…録音でもいいから。

そうそう、kyonさんのコメント嬉しかったなぁ。
いつか、kyonさんも一緒にツアー回ってくれないかなぁ。
2003年のオーキャンのDVDも良かったし、ayaのライブ
映像もすごーく良かった。山崎さんも言ってたけど、kyon
さんの『血』が入ると、また違った素敵さをおびた音楽に
なる。あーまた、ライブでkyonさんの演奏も聴きたいな。
山崎店長は、「時々、kyonさんの血が欲しくなる(笑)
僕はドラキュラじゃないんですけど…」みたいな事を言って
たな・・・(笑)。
ドラキュラ…実は、私…もののけ占い・バンパイアです(笑)。
私が今欲しい『血』はですねぇ…山崎まさよし氏ですねf^^。
♪余さずに全て注ぎ込んで♪『ブラッディーマリー』にして
いただきましょうか…(笑)。
(でも、トマトジュースは嫌いなの)

| | Comments (9) | TrackBack (1)

March 16, 2005

今週は『HOME』。

今夜の7th colorsは『HOME』をプレイバック。そして、
「今夜は『HOME』サウンドプロデューサー萩原健太さん
元ボ・ガンボスのピアノマンKYONさんから当時の思い出
についても語ってもらいます。」だそうですよ!
KYONさんも出てくれるなんて、嬉しいなぁ♪。実は、私
KYONさんの隠れファンなんで、ちょっとドキドキしてます。
録音コメントでも何でもかまいませんよ!当時の山崎
店長のこと沢山話してほしいな~。
ayaのシークレットライブの映像も観たけれど、KYONさんが
入るとトリオバンドの男臭さに加えて、キラキラ感がUPする
んですよねぇ。素敵だわぁ~♪。2003年のオーキャンの
時も素敵だったもの(DVDでしか観てないけど…)。

今日は山形県県民会館でライブでしたね。もう終って
一息ついてるころでしょうか。まぁ、最寄のFM局へ駆け
つけるなり、予め収録しておくなり、まだまだライブに参加
できないファンにとっては、毎週滞り無く放送があること
だけが、心の支えです(笑)。

『HOME』のリクエスト1位はどの曲かしら・・・。
私はさんざん迷って、「ベンジャミン」で送りました。
ベンジャミンの弾き語り、一度でいいから間近で聴いてみ
たいなぁ。。。(~遠い目~)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

~そっちには僕の声、届いてますか?~

唄う人って、やっぱり何かを誰かに届けたくて唄い始める
のだろうか・・・。そんなこと、別に考えている訳ではなくて、
本能的なものなのだろうか・・・。
私は、哺乳動物の中で冬毛の北極狼が一番好きです。
随分昔に、NHKのドキュメント番組か何かで、北極狼の
特集を観て以来、その凛とした美しさにすっかり惚れてし
まいました。狼と聞くと、一般的にはあまり良いイメージの
動物ではない気がしますが、一面の白銀世界にたたずむ、
あの白い狼の姿には、神々しさを感じました。

狼の遠吠えって、唄うことに似ている・・・そう思うようにな
ったのは山崎まさよし氏の唄を聴くようになってからです。
とりわけ、山崎楽曲には「遠く離れた場所にいる誰かに
自分の想いを届けたい・・・」そんな唄が多く、しかも夜空
や月を見上げていたり、水辺にたたずんでいたりします。
それらの楽曲を私は勝手に『遠吠え系』と呼んでいます。
「僕はここにいる」「ワンモア」「十六夜」「やわらかい月」
「コイン」「星に願いを」あたりは、特にその色が強いように
思います。ファン(もしくはファン予備軍)は、山崎氏の唄声
を耳にして、きっと「何か…呼ばれてる気がする…」のでは
ないかと思うのです(笑)。本格的にファンになる少し前に
「ちょっと気になる」時期がしばらくあるんですね。この時期
が、耳がぴくぴくして「んっ?」って、その声をキャッチし始め
てるのだと思うわけですf^^;。

日記として、ブログを始めてみようと思った時に、タイトル
を付ける・・・という作業に出くわして、色々考えました。
(タイトル付けるのって、大変だって、誰かも言ってたな。)
こういう場所に自分の言葉で何か記して行く事も、夜空に
向かって、吠えているのと同じようなことかな・・・と、そんな
思いもあり、私も動物占い狼ってことで、ちょびっとだけ…
吠えたりしてみている今日この頃です。。。(ゎぉ~ん♪)
早くライブ会場で吠えたい・・・わん(;_;)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 15, 2005

♪今は、もぉ~、動かないぃ~♪

私には兄がおります。今は一緒には住んでいないので、
隣りの兄の部屋は物置部屋状態です。時々入ってわ、
化石の発掘作業などしてみると、面白いCDが出て来た
り、買おうと思っていたケーブルが出て来たり、古いカセ
ットテープが眠っていたり・・・部屋が丸ごとタイムカプセル
なのです。で、先日、こんなもの発見しました。
4チャンネルのMTR(もちろんカセットf^^;)。ACアダプター
が異様に大きいです。単三電池が12本、中で錆びてた。
カウンターのリセットボタンは影も形もなく、カセット部分の
カバーも外れて紛失した模様。いっちょまえにメーカーは
フォステクスだったりします。動作するかな?と思って試
してみましたが、やっぱり・・・(-人-)・・・お星様になられ
ておりました。
まぁ、動いたところで使い方も解らないんですけどね。。。
おにーたぁ~ん!動くMTRのお下がりないのぉ~ん?

MTR

ところで、MTRって、なんだ?というときは。
http://ww2.wt.tiki.ne.jp/~nk_sounds/top1.htm

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 13, 2005

中古CD。

今日は全国チェーンの中古屋さんで、Passageの初回
限定盤を発見した!。やったね!v(^o^)v
ファンになったのが割と遅かったので、過去の限定盤
がなかなか手に入らなくて、時々こうして中古あさりを
しているのだ。しかし、安かったなぁ。105円だものね。
嬉しいような・・・悲しいような・・・複雑な気持でお店を
あとにしました。

さてさて、今日のOKST’05は市川市文化会館でした。
関東のまさ友さんから、公演終了後にメールが入り、
まだ観ぬステージに思いを馳せております。
早く聴きたいなぁ~。新曲も今日、新星堂で予約してき
ました。予約カードがモノクロの、あの扉の前に立ってる
写真だった。ジャケットもあの写真かなぁ?
もちっとさすらい感が出てる写真がいいなぁ。今月のFC
会報の表紙とか好きなんだけどな。
現代のスナフキンな感じを出して欲しいな。

sunahukin
これ、うちの砂布巾(じゃりじゃり・・・)@笑

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 11, 2005

ONE KNIGHT STAND TOUR

山崎まさよしファンの間では『OKST』といえば、そのライブ
のスタイルがすぐに頭に浮ぶでしょう。しかぁし!特別ファン
でない人に『OKST』を説明しようとすると、「え???」っと
そのライブの内容に疑問を持たれることがあります。
一言で言ってしまえば『弾き語り』・・・でも、ほとんどの人が
イメージする『弾き語り』というものと、『OKST』とは、必ずし
も一致しない部分があると思います。

私の行きつけの美容室に音楽好きの美容師さんがいます。
彼は音楽の好みがテクノ系なためか、アコースティックギター
一本で繰り広げられる、パーカッシブで、めちゃめちゃカッコ
イイ弾き語りライブを、想像することができないのです。
「一人?バックバンドが無いってどーいうこと?カラオケ?」
などと、トボケタ顔してババンバンな発言をしたりするのです。
「めちゃめちゃローコストじゃん!」などと面白がられながらも
ファンとしては、ちょっぴり自慢気に説明したりするわけです。
「サンプラーみたいなのとか、ちょっとしった打楽器も使うし、
その場で数小節のリフをちょりっと弾いてループさせてから、
のっかていったりもするし…」などと説明すると、
「アコギでそんなことするんだ。カッコイイスタイルやね。テクノ
も似たようなもんよ。DJは基本的に一人やしね。生楽器と、
電子楽器の音質の違いやね。」とかいうような事を言っていた。
そして「ちょっとこれ聴いてよ、このループがヤバいんよぉ~」
とマニアックなテクノがかかりだすのです。(笑)変な店だ。
なるほどね…DJもステージでは一人で音を作っている…
唄ってる人はみた事ないけど(中には唄う人もいるのかな)。

~補足説明~
ここで言う『テクノ』とは広義で、シンセサイザー、シーケンサー
ドラムマシン、サンプラーといった電子楽器で作られた音楽。
大雑把に言うと淡々と反復するフレーズ(メロディ、リズム、
ハーモニー)が特徴的である。(…て、ことらしぃ@53へぇ~)

『弾き語り』でしっとり聴かせることができるミュージシャンは他
にもいるけれど、あれだけ『踊れる弾き語り』をやってる人って
他に思いつかないし、全く知らない人には実に説明し辛い(笑)。
何かよくわかんないけど、リズムが…誘うのかもしれない。

山崎まさよし氏は、「僕らの音楽」という番組で、『音楽とは?』の
問いに『血液みたいなもの』と答えていたっけ。
『音楽』が血液ならば、『OKST』は・・・その血流・鼓動を直に
感じられる場所。血液が駆け巡る身体そのもの。つまりは、
ミュージシャン『山崎まさよし』そのもの・・・ということか。
まだライブに参加したことがなくて、少しでも「山崎まさよしいいな」
と思う人がいたら、OKST’05に参加して衝撃をうけてみるといい
・・・びっくりするど・・・(笑)。

migite
これが魔法の手ですな。むむむ。。。
いわゆる「最初の本」の掌。
ついつい自分と見比べてしまふ…。
これって、マスカケ?

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 10, 2005

ホール改造中・・・。

今回のOKST’05の金沢公演は金沢市観光会館で行われます。
で、只今観光会館のホールは工事中で休館です。何の工事かと
いいますと・・・
『座席93席分のピットを202席分に拡張いたします。
北陸一の規模に!4月からフルオーケストラのオペラ上演が可能
になります。』
なのだそうな・・・それはすごいね。
これって、ピットのエリアが広くなるだけなのか…それとも付随
して全体の収容人数も増えるのかなぁ・・・。
(バナナの謎はまだ謎なのだぞ…。言えてないし。)
地元はFC先行にかけたけど、はたして座席がどうなることやら。

ちなみに、OKST’05の翌日は、何と『笑点』の公開録画だそう
です(笑)。ちょっと観たい気もする・・・(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今ごろは・・・。

今日はOKST'05の初日です。さいたま市文化センターですね。
もうそろそろ、ライブも終盤?どんなだったかなぁ。
私はまだまだ先の参加だから・・・ソワソワしてます。
どんな曲やるんだろ。やっぱり、10年を振りかえって…的な
選曲になるのかなぁ。
いいなぁライブのあとは打上げやね…。でも、またスタッフの
皆さんが撤収してる最中は一人缶ビールなのかな・・・。
呼んでくれれば缶ビールくらい付き合うのにな(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2005

♪お気に入り♪

カメラをじっと見つめているのは、10年くらい前に、鎌倉に
ある手作りの縫いぐるみのお店で運命の出遭いをして
       (・・・しばし見つめ合い・・・)
連れて帰ってきたニャンコです。初めまして『たぁくん』です。
あまりにも昔飼っていた猫に似ていたため名前はその子
と同じになってしまいました。サラミちゃんには負けるけど
トボケた感じがたまらない・・・。
猫は大好きだけど、もう飼うことはないと思います。
うちの家族の中には『たぁくん』がずっといるから、他の子
を連れてこようという気にはならないみたいです。
最期を看取るのが辛すぎるというのもあるんですけどね。

そして、その下にあるのが森○製菓のチョコレート。
『カレ・ド・ショコラ Cacao70』です。ビターチョコです。
24ピース入りで298円くらいかな?カカオ含有率が70%
なのだそうな。美味いです。100gあたりのカカオポリフェノ
ールが2000mgもある。(赤ワインの16倍だそうです!)
この品質にしてこの価格。お買い得です。(^^)/
しばらくの間、行きつけのスーパーから消えていて寂しかっ
たのですが、また入荷されはじめました。うれぴぃ♪。
朝起きて、これを一つ食べると目が覚めるんですよ♪。

cacao70

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 08, 2005

YAMAHA ELECTRIC GRAND CP-80

私の家には、無駄に楽器がある・・・。
無駄に…と言ってはいけないな。知らない間に楽器が増えて
いたり、別のモノに代わっていたりする。全部、兄の仕業だ。
うちには元々、安いエレピがあった。兄が高校生の頃に吹奏
楽部に入り、ピアノ音楽に目覚め、練習の為に購入したもの
だった。当時はヘッドホンをして鍵盤のガタゴト×3する音が
毎日のように隣りの部屋から響いていた。ガタゴトだけで、
曲名が分かるくらいに・・・。休みの日の朝などは迷惑極まり
なかったけれど(^^;、私もちょくちょく使わせてもらっていたから
「朝から幻想即興曲は止めなさい」とだけ注文をつけていた。
(あのガタゴトは耐えがたい・・・)
あのエレピは兄の物だったけど、私も結構気に入っていたのだ。
それが・・・いつの間にやら、別の楽器とすりかわっていた。。。

知らない間に、代わりにうちに住みついてしまったのが、この
『YAMAHA ELECTRIC GRAND CP-80』という88鍵のエレクトリ
ック グランドピアノだ。音を出す構造はアコピとほとんど同じら
しぃ。ドナドナ…されていったうちのエレピとは、発売当時の価格
差で言うと多分5~6倍くらい違うと思う。。。f^^;
こんなグレード差のエレピが何故ここにあるのか・・・謎だった。
聞けば、兄が勤務する楽器屋の常連さんが…
「省スペースの為にCP80を手放したいのだが、代わりにサイレ
ントで手軽に弾けるエレピが欲しい…」という話から
この価格差のぶつぶつ交換は成立してしまったらしぃ。(^^;

最近知ったのだけど、CP80って名だたるミュージシャンの方々
も使用していらっしゃっる楽器なんですってね。小田和正さんが
使っていらしたと言うのを何かで読みました。うちにあっても生
ピアノと同じ使い方しかしない(物理的にできない)ので宝の持
ちぐされなんですけどね・・・しかも搬入された時以来、多分兄
が調律をさぼっていると思われ…(汗)かれこれ4年くらい放置
プレイ…(楽器やからね)。

ふと…山崎氏のステージにある『YAMA崎』エレピを思い出した。
あれれ???似ている気がする。ひょっとして、『YAMA崎』って
CP80だったりしませんか?何方か『YAMA崎』の型番をご存知
ありませんか?うちにあるのはこれなんですが・・・。(^^;
side21cp80
全く同じではなくとも、タイプは同じっぽいな。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

こんなところに落とし穴。

ギター・スケール大辞典・・・というのを読んでいる。
(まだ、読んでいる段階なのか・・・笑)
とりあえず、この本には17種類のスケールが紹介されており、
それぞれ全部のキーのダイアグラムが載っているということは
分かった・・・。いわゆるCメジャーはみんなが知ってるドレミの
音階だから、何も考えなくてもドレミファソラシド~♪って自分で
(ルート音のポジションさえ分かっていれば)追いかけられる。
しかぁ~し!ほかのスケールは、あまり耳馴染みのない音階。
ダイアグラムを確認しながら指で追いかけても、はたしてそれ
で正解の音なのかが、最初は分からないのだ。しまった・・・。
こんなところに、落とし穴・・・。CD付きの本探すべきだったか。
しょうがないので、寒いPC部屋にいる、もう随分調律されてい
ない可哀想なエレピ君に教えてもらう。そして取りあえずはCで
テレコに録音し部屋に戻った。
今月はCで、17種類のスケールをなぞりましょう。
覚えるとは言いません。なぞるだけです(笑)。
つまんなくなってきたらまた大好きな「ベンジャミン」弾きましょう。
で、中途半端になってる「最後の海」も練習したい。
今月はそんな感じで(笑)

suke-ru

(Cのブルース スケールのネック全体のダイアグラム)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 06, 2005

おなかすいた~。

ケンタロウさんのブログを見ていたら、なんだかおなかが
空いてきてしまった。もう22時を回っているのに・・・。
あーどーしよぉ。ダイエット中やのに・・・。
しょうがないからヨーグルトでごまかそう。。。

私も小さい頃、よくお兄ちゃんと一緒にホットケーキミックス
でホットケーキ焼いていたなぁ。うちの兄はホットケーキの
プロでしたから(笑)あのきれいな焼き加減が真似できな
くて、悔しい思いを・・・(/_;)よよよ。
そういえば・・・ホットケーキを焼いている間、フライパンに蓋
をして、あのプップッができるまで二人で唄いながら踊って
いたなぁ・・・(遠い目)。
何て奇妙な兄妹なんでしょうか・・・。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Jam Films S 石川上映決定!

やったぁ~!Jam Films S(http://www.jam-films.com/)
の石川での上映が、ついに決定しました!
思った通り、シネモンドで上映される事になりました。
細かい日程などはまだ決まってないようですが、これで
ひとまず安心です。まちどおしぃな。

シネモンド(http://www.cine-monde.com/index.html)は
もうすぐ小日向文世さんが出る「銀のエンゼル」も上映される
し、4月23日には「トニー滝谷」でイッセー尾形さんが舞台
挨拶にいらっしゃいます。きゃぁ~楽しみぃ~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

映画「8月のクリスマス」

日本版「8月のクリスマス」のメインロケ地となった高岡では
映画のフライヤーの配布が始まっているらしぃ…。うぅ~ん、
取りに行きたいのだけれど、風邪をひいてしまった・・・。
この時季にエアコンの効かない車で往復2時間を越える単独
ドライブは、明日の仕事に重大な支障をきたしそうで…コワイ。
明日の心配をする年齢になったのだな・・・私も…大人やね。
あぁ・・・金沢の単館とかで配布してないかな・・・シネモンド
あたりのぞいてみようかな。ルネスまで行く気にはなれんな。
しばらくは、アクターズスタイルのカメラマン写真で我慢かな。

syokawa

(アクターズ・スタイル AUTUMN 2004/竹書房 より)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

同居楽器

my_guitar

これが私のギターです。この人しか持ってま
せん。選び方など何も分からず抱えてみた
感じだけで選びました。タカミネのやっすい
タイプですが、今の私にはどんなギターも後
光がさして見えます。(-人-)いやぁ~ギター
ってすごい。この人にDRのライトゲージを張
って、練習中です。

my_ukurere

で、こっちがウクレレさん。購入したのは6年
くらい前かな。オベーションのアプローズって
いうブランドですが、ウッド製の普通のウクレレ
とはボディの材質が異なり全然違う音がします。
これはこれで面白い音がします。でも、いわゆ
る「ウクレレ」が欲しいという人にはおすすめし
ません。この写真だと黒っぽく見えますが、
濃いグリーンです。弦は黒弦を張ってあります。G弦だけクラシックギターの巻き弦を使ってLowGにしてあります。
なので、写真でも4弦だけ白く見えるでしょ?(笑)。

ちなみに、このお二人ほぼお値段的には同ランク(笑)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 05, 2005

会報に!金沢ロケの写真♪

夕方、今月のBHの会報が届きました。
今回はツアーパンフや、ニューシングルのジャケット撮影
の模様も載っていて、素敵な写真が盛り沢山♪。そんな
中に金沢ロケの写真もしっかり収められておりました♪
このロケの当日は本当に寒くて、朝から家の前を除雪して
車を飛ばしその場所へ。1日中小刻みに震えておりました。
あの写真ならば、近くに馴染みのある金沢人であればロケ
地の特定はできるかもしれませんねぇ。
(ヒント:OKST'05の金沢会場から徒歩20分f^^;)
そういえば、映画にはもう1ヶ所、川の近くのロケがあった
らしいので、映画の繋がりによってはその場所と混同され
てしまうかもしれないなぁ。
アクターズスタイルの2004年秋号に2ページだけですが
その川原と金沢・高岡での撮影写真が載ってました。
三脚カメラを構える姿が新鮮で、なおかつとても似合って
いて素敵です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

裏YAMA TV!

今朝、やっと届きました。♪(^^*)
やぁ~思い出しますわ。私は今回、FCイベントというモノに初め
て参加しまして、会場は愛知県勤労会館だったのですが、席は
前から7列目で今まで参加したライブの中でも一番前の方だった
し、同行者の方に予約してもらった宿泊先が偶然にもY氏と同じ
だったりして、本当にびっくりな1日でした。でも、DVD89分ちょっ
と短いかな(贅沢者め!)。大阪の「ツッコミ」良いですねぇ。あれ、
私もやりたかったなぁ。流石だな。会場のそろいっぷりに不思議
がるY氏に「仲良しやから!」っていうファンの人の返事も良かっ
たな(笑)。ライブはちょこちょこ編集されちゃってたけど、8公演分
をまとめないといけないから仕方ないのかな。
十六夜良かったなぁ~♪。あとカレンダーのメイキングにサラミ
ちゃんが出てきてましたねぇ~(にゃ~こらぁ~)美人ですねぇ~♪
しかぁ~し!、幻のお宝映像は納められていませんでしたなぁ。
きっと本人が断固拒否したのでしょうな・・・(笑)。

yamaTV

| | Comments (8) | TrackBack (0)

March 04, 2005

待っているのも、また楽し。

そろそろBHの会報が届く頃。
神奈川のまさ友の所には今日届いたらしぃ。
何でも、美味しいニュースがあったとか。10周年だもの♪楽しい
企画が盛り沢山でしょう♪楽しみ楽しみ♪。
別のまさ友の所には「裏YAMATV!」が届いたとか、これもまた
観るのが楽しみぃ~♪早く来ないかなぁ~。

私のところには、会報もDVDもまだ届かないけど、昨日別の荷物
が届いた。山崎まさよし×Wranglerの別注ジーンズ。これがまた
カッコイイのだ。レングスが長いのと勿体無いのとで、しばらくは
履かずに大事に保管かもしれないなぁ・・・。
RHから送られたトリプルネームのモノはリベットが刺繍になって
なかったらしいけど、ダブルネームのはちゃんと刺繍に変わって
ました(笑)。心配してたので、一安心。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2005

携帯メール

オーガスタの携帯サイトにはアーティストメールというのがある。
1組のアーティストを登録しておくと、事ある毎にそのアーティスト
から携帯メールが届くのだ。ファンには嬉しいシステムである。

3月1日、私は移ったばかりの職場で酷く凹んでしまっていた。
残業を終え帰り際、1通のメールが届いていることに気がついた。
誰からだろう・・・。そう思って開いてみると、山崎まさよし、その人
からだった。うっ・・・。ここでもうすでに泣きそうだった。職場では
涙は我慢!そう自分に言い聞かせて昼間からぐっと押し殺してい
たものが、メールを読んでいくうちに制御不能となってしまった。
メールの内容としては極々普通の近況報告で、映画撮影時の
エピソードなのだけど、最後に「石川県の雪深い丘からの景色も
印象に残ってるなー。ホント寒かった!!」と、私の地元の事を
書いてくれていたのだ。嬉しくて、嬉しくて・・・読み終えた瞬間、
堰を切ったように涙が溢れ出して止まらなくなった。
車を運転しながら家に着くまで、私はずっと止めどなく流れる涙を
どうすることもできずにいた。。。
ひとしきり泣いて、落ち着いてから同じ携帯サイトから送れるファン
メールで、その日のメールに対する感謝の気持を書いて送った。
本人は読んでいないかもしれない。それでもいいと思った。
きっと、こんな風に「山崎まさよし」に救われているファンが日本中
に沢山いるんだろうな。
しかし、絶妙なタイミングのメールだったなぁ。
やっぱり凄い人だな、あの人は。(笑)
しかも、メールの結びが「よかったら見てください。」だって、ファンに
宛てたメールなのに、何でこんなに控え目なんでしょうか(笑)。
えぇ、絶対に観ますけどねっ♪。
kitanihonsinbun

(写真:北日本新聞より)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »