« ホール改造中・・・。 | Main | 中古CD。 »

March 11, 2005

ONE KNIGHT STAND TOUR

山崎まさよしファンの間では『OKST』といえば、そのライブ
のスタイルがすぐに頭に浮ぶでしょう。しかぁし!特別ファン
でない人に『OKST』を説明しようとすると、「え???」っと
そのライブの内容に疑問を持たれることがあります。
一言で言ってしまえば『弾き語り』・・・でも、ほとんどの人が
イメージする『弾き語り』というものと、『OKST』とは、必ずし
も一致しない部分があると思います。

私の行きつけの美容室に音楽好きの美容師さんがいます。
彼は音楽の好みがテクノ系なためか、アコースティックギター
一本で繰り広げられる、パーカッシブで、めちゃめちゃカッコ
イイ弾き語りライブを、想像することができないのです。
「一人?バックバンドが無いってどーいうこと?カラオケ?」
などと、トボケタ顔してババンバンな発言をしたりするのです。
「めちゃめちゃローコストじゃん!」などと面白がられながらも
ファンとしては、ちょっぴり自慢気に説明したりするわけです。
「サンプラーみたいなのとか、ちょっとしった打楽器も使うし、
その場で数小節のリフをちょりっと弾いてループさせてから、
のっかていったりもするし…」などと説明すると、
「アコギでそんなことするんだ。カッコイイスタイルやね。テクノ
も似たようなもんよ。DJは基本的に一人やしね。生楽器と、
電子楽器の音質の違いやね。」とかいうような事を言っていた。
そして「ちょっとこれ聴いてよ、このループがヤバいんよぉ~」
とマニアックなテクノがかかりだすのです。(笑)変な店だ。
なるほどね…DJもステージでは一人で音を作っている…
唄ってる人はみた事ないけど(中には唄う人もいるのかな)。

~補足説明~
ここで言う『テクノ』とは広義で、シンセサイザー、シーケンサー
ドラムマシン、サンプラーといった電子楽器で作られた音楽。
大雑把に言うと淡々と反復するフレーズ(メロディ、リズム、
ハーモニー)が特徴的である。(…て、ことらしぃ@53へぇ~)

『弾き語り』でしっとり聴かせることができるミュージシャンは他
にもいるけれど、あれだけ『踊れる弾き語り』をやってる人って
他に思いつかないし、全く知らない人には実に説明し辛い(笑)。
何かよくわかんないけど、リズムが…誘うのかもしれない。

山崎まさよし氏は、「僕らの音楽」という番組で、『音楽とは?』の
問いに『血液みたいなもの』と答えていたっけ。
『音楽』が血液ならば、『OKST』は・・・その血流・鼓動を直に
感じられる場所。血液が駆け巡る身体そのもの。つまりは、
ミュージシャン『山崎まさよし』そのもの・・・ということか。
まだライブに参加したことがなくて、少しでも「山崎まさよしいいな」
と思う人がいたら、OKST’05に参加して衝撃をうけてみるといい
・・・びっくりするど・・・(笑)。

migite
これが魔法の手ですな。むむむ。。。
いわゆる「最初の本」の掌。
ついつい自分と見比べてしまふ…。
これって、マスカケ?

|

« ホール改造中・・・。 | Main | 中古CD。 »

Comments

多少、DVDなどで音を重ねていく姿は見ていたけれど…でも…びっくりしたど…。

Posted by: anoji | March 12, 2005 at 01:26 AM

山崎さんの良さはライブ見てもらうのが一番いいですよね~、そしたら何の説明もいらないというか。私も人に言うとき「弾き語りなんだけどぉー・・弾き語りじゃないんよー」と訳のわからん説明になってます(笑)

Posted by: ピジオくん | March 12, 2005 at 01:40 AM

説明し辛いですよねぇ(笑)。山崎まさよしの『弾き語り』は、他の『弾き語り』とはちょっと区別したいですね。私は、初めてOKSのCDを聴いた時に、知らない曲ばかりなのに勝手に身体が動くという奇妙な現象襲われ、何だこれはぁ~!私が求めていたのはこれだったのかぁ~!!!と、スピーカーに釘付けになりました(笑)。OKSのDVDを観たときは画面にへばりついてました(笑)。

Posted by: 花音 | March 12, 2005 at 01:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72780/3261174

Listed below are links to weblogs that reference ONE KNIGHT STAND TOUR:

« ホール改造中・・・。 | Main | 中古CD。 »