« 赤い月 | Main | ラジオの中のロックフェス! »

June 22, 2005

鳴らすこと。

「〈伝えよう〉っていうようなことじゃないんだ。もはや。」
「鳴らすことですね。」
「『実はこれが言いたかったんだよ』っていうようなことなんてひとつもなくてね。それを続けてるだけなんだ。」音楽をやっていることに対して、そう言いきった山崎まさよし(笑)(『音楽と人』7月号より)。潔いなぁ~と思った。そして、根っからのミュージシャンだなと思った。
と、同時に別のアーティストの曲を思い出した。またもKANちゃんの曲(笑)。

「Songwriter」作詞・作曲KAN
(アルバム『TIGERSONGWRITER』の一曲)
♪I'm a songwriter and welcome you to my song
♪眠れぬ晩の思いつきで言葉がまだないのです
♪La la la la la la la…
♪こんなメロディはどう
(中略)
♪I'm a songwriter ピアノをたたき
♪繰り返す表現のみが唯一存在の意義です
♪La la la la la la la…
♪こんなメロディはどう

そして「めずらしい人生」
(アルバム『めずらしい人生』の一曲)
♪レレレドシラシドシラ
♪この音階に根拠なんかなくて
♪目的もあやふやで秘密もない

実はどちらも、とても好きな曲(笑)。
音楽ってそもそもそこで鳴ってることなんでしょうね。
KANちゃん以降、これといって特に嵌るミュージシャンもなく、そのまま吹奏楽部に入りサックスなどという小洒落た楽器に触れ、ずぅ~っと唄無しのインスト楽曲ばかりを聴いていた私が、山崎楽曲に(恋に落ちるように…って意味で)するっと落ちた理由って、実はその辺なのかもしれません。聴いていると、弾きたくなる、鳴らしたくなる、唄いたくなる音楽なんですよね。音が誘うってそういうことで、ラジオの企画にもなってるイントロが重要なのもそこいらへんの事なんでしょうね。いわゆる「掴み」なんでしょうか(笑)。

鳴らすことの楽しさ…最近実感しています(笑)。
やっぱり御二人とも『音楽の人』だなぁ~。

|

« 赤い月 | Main | ラジオの中のロックフェス! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72780/4661256

Listed below are links to weblogs that reference 鳴らすこと。:

« 赤い月 | Main | ラジオの中のロックフェス! »