« 同じ9月の空の下 | Main | 『十六夜』 »

September 15, 2005

舞台挨拶@TOHOプレックス

やけにテンションの高いチューリップテレビの女性アナウンサーの方の進行で、舞台挨拶は始まりました。スクリーンに向かって左の扉から、拍手と共に皆さん入ってこられました。並びは、向かって右から、山崎さん、関さん、監督の順。私達の席はセンターよりも右側寄りの4列目だったので、ばっちり真正面で、ラッキーでした。山崎さんは、黒地(濃い茶色にも見えるけど)に白い小花が散りばめられた?感じのシャツにジーンズ姿。泉大津の後だからかな、日焼けしてる感じがすごくしました。髪は少し伸びた感じで、でも結構押さえてありました。大きな目をぱっちり開いて、くるくると開場の隅々を眺めておられました。アナウンサーの方が山崎さんから紹介して、ご本人がマイクを口元に持って一言、何か言おうとした瞬間、すぐに関さんを紹介したため、慌ててマイクをおろしタイミングを外した様子に笑いが起こりました。正直、何を喋ったか・・・実はあんまり覚えておりません。
5月にもこっちでライブがあって、何度か寄せてもらってます・・・高岡は古い町並みが残っていて・・・なんて話しがあって、「映画撮影の合間に散策とかされましたか?」と聞かれ、「・・・えぇと、夜・・・(笑・会場からも笑いがおこる)・・・や、古城公園とか・・・えぇ行きましたよ(笑)」なんておっしゃっていたかな。アナウンサーの方が「会場で、街で山崎さんに会った人!」と質問すると1人手があがったようで、「え?ホントに?」と思ったのですが、冗談だったらしく、山崎さんが「うそついてどーすんねん(笑)」と笑っていらっしゃいました。あと、街の印象は「人が少ない…」とか(笑)、「えぇ、うまいこと(人に遭遇しないで)縫っていけるんですよ(笑)」とか。いや、それはそれで、撮影もやりやすくて良かったんだと思いますけどねぇ(笑)。そうそう、アナウンサーの方が突然、会場に向かって、「山崎さんに愛されたい人!」と尋ね、会場から「はぁ~ぃ!」なんて手が挙がってたんですが、それがあまりに突然だったんで、ご本人「何の質問をしとんねん!」と、突込みつつ笑ろてはりました。主人公は胸に思いを秘めたまま旅立つのだけれど、山崎さんもそのような境遇になったらやはり何も言わずに?とかそういう質問に繋がったような気がします。何て答えたっけな・・・「(映画の話は)稀な境遇なんで・・・」とか、なんだっけな・・・ホント覚えてません(←馬鹿)。

一つサプライズがありました。9月8日が関めぐみさんの二十歳のお誕生日だったので、会場の方からケーキ(関さんの顔写真の絵が入ってるらしぃ)が、そして、みんなで♪Happy Birthday♪を唄って、最前列のお客さんが一斉にクラッカーを鳴らしてのお祝い。関さんはすごくびっくりして、その大きな両方の瞳に、じわじわ涙を溜めていらっしゃいました。一生懸命に涙を我慢して笑っている姿がとても愛らしくて、思わず「可~愛いぃ~(はぁと)」と口走ってしまいました(笑)。で、山崎さんが水色に白が入った和風っぽいハンカチを取り出して、ちょっとまごまごしながらも関さんに渡しておりました。(笑)因みに、そのハンカチは仕込みではないようです(笑)昼間に写真館に居た時にも持ってたやつらしぃので。優~すぃ~ぃ~♪。

最後に花束贈呈などありながら、山崎さんに花束を渡したジョージアの女性の方は握手をしてもらってました。いいなぁ・・・。全員がまた左の扉から帰っていくとき、一番最後になる山崎さんが花束を抱えたまま、さっきの関さんのケーキを(そうそう♪これももっていかないとね♪・・・ってな感じで会場に会釈しながら)後ずさりで、ガラガラと自ら撤収していて、可愛かったです。それをジョージアの方々が見て、「あっ!すみません!」と、慌てて数人駆け寄るのも面白かったです。関さんも仰ってましたが、笑わせようとしなくても、自然と周りを和ます愉快なお方です。

4列目っていうのは、舞台挨拶は近くて良かったんですが、映画を観るにはやっぱり近すぎですね(笑)。まぁ、あと5回観るんで、今度は良い席でじっくりと観ますよ。
後で聞いた話ですが、次の高岡マイカルでは、シャツのボタンを掛け違えていたのに気が付いて慌てて直していたそうですよ。全然気付かなかったなぁ。。。

|

« 同じ9月の空の下 | Main | 『十六夜』 »

Comments

高岡は舞台挨拶も特別ですね。東京初日はどうかな…。時間はすごく短そう…。

Posted by: anoji | September 19, 2005 at 12:29 AM

東京初日の整理券、大変だったみたいですねぇ。徹夜組も沢山いたとか?凄いですねぇ。

Posted by: 花音 | September 19, 2005 at 02:29 PM

高岡は特別な感じしますね~。サプライズのエピソードのまさやん優しい~(*^^*)
金沢の試写に参加しましたが局アナさんの質問が聞いたことのあるような内容ばかりだったので同様に聞いたことのある回答しかなかった・・・ような・・・。でもかなり並んだので間近で見れたのは嬉しかったです。金沢1列目で挨拶見終わった人で挨拶終わったあと映画も見ずに走って出ていった方がいましたが2回目の挨拶の会場に向かったと思われ、強運の人がいるな~と思いました。。

Posted by: トトメ | September 19, 2005 at 11:00 PM

高岡の試写会でも、一つ目の舞台挨拶を終えてすぐに走って行った人がいました。高岡は、1回目は上映前、2回目は上映後の舞台挨拶だったので、二つとも観ることは難しくなかったでしょうが、金沢の2会場は1時間差の開場で、2回とも上映前の舞台挨拶だったはず。1回目の舞台挨拶を観て、2回目の舞台挨拶も観るっていうのは、時間的に結構きわどいですねぇ(笑)。あのエリアのあの時間帯…結構車も混んでいたのでは。。。
試写会に行って、映画を観ずに出ていく勇気…すごいなぁ。(笑)
2ヶ所めではちゃんと最後まで観たんでしょうかね。。。

Posted by: 花音 | September 20, 2005 at 01:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72780/5983760

Listed below are links to weblogs that reference 舞台挨拶@TOHOプレックス:

« 同じ9月の空の下 | Main | 『十六夜』 »