« ムーンゲート | Main | 雪板 »

January 18, 2006

昔飼ってた犬の話。

突然ですが、昔飼ってた犬の話してもいいですか。。。
などと・・・そんな語りから入っていた昨年末のアリーナツアー。そのツアーパンフの最後に「ラッキーの方耳」という記事が寄せられておりましたね。個人的に、これかなり嬉しかったんですよね。山崎楽曲にイヌ科の匂いを感じている私としては、ブログのタイトルもテンプレートデザインにも犬をチョイスし、さらに今年は戌年です(笑)。いい感じにイヌづくしですわん。

そんな最中に、今度は私が昔飼ってた犬の写真が出てきました(笑)。血統書付きの柴犬(雄)で、名前を『テツ』といいます。(血統書にはその名を「能登の鉄号」と書いてあったそうな。テツって漢字が違うかもしれないけど。)
彼は何気にサラブレッドくんでした。父親がすごいわんこだったらしく、出場をすすめられたドッグショーで数回入賞したりしました。これ、まさに飼い主である人間の見栄の張り合い(笑)。でもテツくんが困った顔をして嫌がるので、何度か出たあとエントリーするのを止めました(笑)。
テツくんは私が小学生の頃にうちに来ました。生後2週間くらいから最期まで、ずっとうちにいました。一緒に育ってきたので、まるで弟でした。親にしかられたときは、一緒に勝手口の犬小屋で眠ったこともありました(笑)。夜中の散歩にもよくつきあってくれました。

パンフレットのしめの言葉は、「何かズレた考え方になっていても、自由と個性がそれを補ってくれる」というもの。
山崎さんが昔飼っていた、方耳の立たないシェパード、ラッキー。「普通じゃない」「変わってる」って見られることを、個性と解釈できれば、人ももっと自由になれるのでしょうか。ツアーパンフレットを読んで、これを書いてるうちに、小学校の卒業文集の寄せ書きに、今にも消えそうな細く弱々しい文字で、たった一言「自由」と書いた12歳の頃の自分を思い出すのでした。大人になれば、自由が手に入る・・・単純にそう思っていたけれど、今の私は、あの頃よりも自由になれたのかな。そういえば、テツくんはよく首輪を抜け出して脱走してたな…。学校から帰ると、小屋に居なくて…車にひかれたりしないかと心配で探し回っていると、「いやっほぉ~ぃ♪」ってな感じの、ご機嫌ちゃんのしたり顔でわざと目の前を駆け抜けていく・・・そんな奴でした(笑)。ひとしきり遊んだら、お腹がすいて帰ってくるんだけど(笑)。あいつも自由に憧れていたのかな・・・(笑)。
060116-tetu2060116-tetu1060116-tetu4

|

« ムーンゲート | Main | 雪板 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72780/8212374

Listed below are links to weblogs that reference 昔飼ってた犬の話。:

« ムーンゲート | Main | 雪板 »