« ♪にゃぁ~♪ | Main | 新境地 »

April 22, 2006

フランス人の名前は発音が難しい・・・

映画『アンジェラ』のHPを観ています。http://angel-a.jp/
アンドレ役のジャメル・ドゥブーズは、フランスを代表する若手コメディアンなのだとか。

『「彼は人を惹きつける魅力や活気にあふれた人物だが、それと同時に傷跡の存在も感じさせる」とベッソンはジャメルを評しているが、コミカルな演技の陰にときおり覗かせる弱さが、アンドレという役に深みを与えて、まるでもうひとりのジャメル自身であるかのような錯覚さえ感じさせる。』 

プレス・パンフレットの中でリュック・ベッソンがジャメルについてよせたコメントが以下・・・。

『僕が初めて彼を見たのはTV番組だった。彼は『タイタニック』を一人芝居で演じていて、死ぬほど笑ったんだ。『タイタニック』は3時間だが、それよりも彼の演じる2分の方がずっと楽しめた。彼は人を惹きつけ、活力にあふれた人物だが、同時に“傷跡”の存在も感じさせるんだ。彼に会えば、その魅力的なピエロのような仮面の下には真の悲劇役者が存在することに気づくはずだ。全ての偉大な喜劇俳優がそうであるように、彼の笑いに対する天性の才能はあらゆる傷を隠している。彼の笑いは、言葉よりも重く、手の届かないような真実を隠すために存在するのである。私にとっての大きな疑問は、私が彼をこねくりまわして、彼の傷に触れさせてくれるほど果たして彼が私を信用してくれるかどうかということだった。監督としてはわくわくするような賭けだ。そして彼は多くの謙遜と勇気と準備でもって、私がありのままの彼を捕らえ、強調しようとする中、彼は自分の全てを剥き出しにしてくれた。』

なぁ~んていうコメントを読んでしまうと・・・そういう雰囲気って、
どこかの誰かにちょっと似てるかもなぁ・・・なんて、
思ったり思わなかったり(笑)。

「生まれてはじめて誰かを愛しいと思った」っていう予告編のナレーションが、もう既にちょっと沁みてます(笑)。

ジャメルって、『アメリ』にも出ていたんですね。
食料品店の従業員(ジャメル・ドゥブーズ)って書いてある・・・。(笑)
確かに・・・あれはコメディアンぽいな。

|

« ♪にゃぁ~♪ | Main | 新境地 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ♪にゃぁ~♪ | Main | 新境地 »