« 『音楽と人 6月号』 | Main | 前世はきっとフランス人(をぃf^^;) »

May 13, 2006

走ると楽しい車…って、やっぱり乗りたいと思う車なんだろうなぁ…と最近思う。ケンタロウさんが、車を一台手放した…そうな。他人事なんですが、長い間所有していた車を手放すって、とても寂しい事のような気がする・・・道具とはいえ、自ら内部に乗りこみ、同じ道を歩き、同じ音楽を聴く。色んなところへ一緒に行く。雨風から守ってくれる。時々駄々をこねたりしてそいつが動いてくれなくて困ることもある。でも、過す時間が長ければ長いほど愛着もわく。。。さよならか・・・その瞬間を想像した。私はまだ手放した経験はないけれど。。。

私は免許を取りに行ってる期間中に、国内外全車種網羅のカタログで、今自分が乗っている車に一目惚れして、それからカーグラフィック誌で詳細を調べてますます好きになって、生産中止になっていたその車を全国のショップを検索して、中古で手に入れました。初めは、フレンチに乗るなんて考えもしなかった。でも、この車以外は考えられない・・・ってくらい好きになった。どこがそんなにいいの?って聞かれるけれど、うまく説明できないし、説明しても解ってもらえない。

いつか私も、今の車とさよならする日がくるのかな・・・。寂しいな・・・。嫌だな・・・ずっと、こいつに乗っていたいな。私のはMTだからまだ生きてるけど、同じ年式のATはもうほとんど絶滅してるらしぃ。。。次の車検(来年)が山だと思っておいてくださいって、この前(ブレーキパッドが割れて交換した時に)言われた。親にも次の車を考えておいたほうがいいんじゃないって言われた…。嫌だな・・・みんなして、次次って…まだ動くよ・・・凄く元気に走れるもん。いっぱい色んなとこ一緒に行ったから、こいつ以外に乗るなんて・・・想像できないよ。私にとっては最初の車。こいつにとって、私は三人目のオーナー。そしてきっと、私がこいつの最後のオーナー。
060513peugeot306

動かなくなるまで、ずっと一緒だよ。

|

« 『音楽と人 6月号』 | Main | 前世はきっとフランス人(をぃf^^;) »

Comments

「え、もしかしてカル○ン?」なんて思ったよ~。
でも、この車もこだわってたんだろうねぇ・・・。
(-20℃なんて、エンジンかからんでも死ぬて)
でも、かかれば車の中で生きていられるちゅう事か・・・。(私の車は心中やな。。。)
シルファー、今年も元気に富士のすそのに「おいでませぇー」(笑)

Posted by: achipi- | May 13, 2006 at 10:13 AM

-20℃って、バナナで釘が打てるんだろうね。寒冷地仕様の国産車だったら、そのくらいでもエンジンかかるんでないかな?。多分、私の車はダメだな。。。

そうそう、こいつは『アンジェラ(天使)』ではなく、『ルシファー(堕天使)』なんですよねぇ。しかもフランス生まれだし(笑)。(※カラーが「ルシファー・レッド」という色なのです)地を這う堕天使っす(笑)。
一昨年も、こいつと富士急行きましたよ。
いい想い出です。

ラーダニーバはMAKING TRUCKにも写真と共に、とても好きだけど遠出のできない車…ってことでf^^;登場しますね。黄瀬さんは、ケンタロウさんの友達でニーバを買ったうちの一人?なのかな(笑)。

Posted by: 花音 | May 13, 2006 at 11:55 PM

シルファーやなくてルシファーやね。。。
ごめんちゃい!

そうそう昨日から『アンジェラ』公開でした!
(どう~も、電車男に見えてしかたないのよねぇ)
是非、御覧あれ。。。
映画と言えば、『明日の記憶』を観に行こうかなと
思っております。

Posted by: achipi- | May 14, 2006 at 10:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72780/10040876

Listed below are links to weblogs that reference :

« 『音楽と人 6月号』 | Main | 前世はきっとフランス人(をぃf^^;) »