« 『ベンジャミン』 | Main | HMAT'2006@金沢 »

December 06, 2006

HMAT'2006@高岡

うなだれている

御旅屋名物?
うなだれサンタ(^^ゞ

~HMAT’2006@高岡ライブレポ~

高岡でのライブは2度目。昨年春のOKST’05以来。とは言っても、高岡の町には、あれからも何度か訪れている…鈴木写真スタジオとか・・・『8月のクリスマス』記念館とか・・・一緒だってば・・・f^^;。

ライブ当日の午後、会場へ行く道すがら、ちょっと金屋の石畳も通ってみた。やはり沢山のファンの方々が集まっていて、賑やかそうだった。写真館の前を通りすぎ、古城公園の北駐車場に車を止めて、同行のMちゃんと合流。

車を置いて徒歩移動。公園をつき抜け、とりあえず会場へと向かう。外気は意外と冷たい。手袋とマフラーを持ってきて正解だった。広い公園の地面は落ち葉を敷き詰めたように、赤や黄色で彩られ、変わりに木々の枝は寒々と、その隙間から薄曇りの空をのぞかせておりました。公園内の小さな動物園で、ペンギンやポニーやアライグマやヤマアラシや、フラミンゴ達と、しばし見つめ合いf^^;携帯電話の電池を無駄遣いする。フラミンゴの頭上に張り巡らされた逃走防止のワイヤーを見て、ちょっぴり悲しくなりながら(^^;、動物園を後にして、再び会場へと向かう。
061206pengin061206poni061206furamingo

会場にはすでに20人くらい?の人が集まっており、駐車場の一番向こうにツアートラックもちょっとだけ見えた。トラックの近くまで行って写真を撮りたかったが、立ち入り禁止で断念。
開場時間まではまだ2時間近くあるので、軽く食事をしてくることにした。
今回のツアーは、既に2公演(滋賀・名古屋)参加しているのですが、2公演とも爆音に負けて頭痛をおこしているので、今回は新たな対策として、開演前に先手を打って『鎮痛剤を飲む』ことにしました(笑)。薬局で売っている市販のものではなく、病院で激しい頭痛の時に処方してもらっている結構強めの鎮痛剤。鎮痛剤って、感覚を鈍らせるようなものだよなぁ・・・等と思いつつ、背に腹は変えられません。今回は、これでうまくいけばいいなぁ…という実験でもありました。

開場時間になって、再び会場へと向かうと、長蛇の列がずらーぁ~っとできておりました。最後尾に並び、グラスタウンからチケットをとりだし、ミシン目に沿って折り曲げたり伸ばしたり・・・。実はこの時、あまりテンションは上がってはおりませんでした。前回の名古屋から結構時間が空いていて、我ながらこんな落ち着き払った開演直前は初めてでした。ともあれ、入場してすぐにドキュメントブックを購入し、自分の席へ。4列目、YAMADAピアノの前です。ここは結構良いポジションでした。エレキやハーモニカのソロでちょいちょい前に出てきてくれるんですv(^^)v。

楽器担当の方々がちょいちょい音出ししながら最終チェックをしています。あ、昇ちゃんだ!ソファーでL-O弾いてるぅ~いぃなぁ・・・などと余裕をかましながら開演を待ちます。

オープニング。お部屋の電気がパチっ!とついたかと思うと、まずはキタローさんが登場。軽やかに弾き始めたベース…と、思いきや途中で♪もぉ~いぃ~くつねぇるぅとぉ~おーしょぉ~がつぅ~♪のメロディー。師走ですね(笑)。ふたたび軽やかなベースラインに乗って、今度は、お尻ふりふり踊りながらゲンタさん登場。二人してお互いの名を呼び合います(笑)大好きなんだね・・・お互いに…って感じ(なのか?)。そうこうしてるうちに、ハーモニカを吹きながら山崎氏も登場し、一層歓声があがります。リズムに併せて山崎さんとキタローさんが向かい合ったり正面を向いたり。何だかとても可愛いオープニングです。

1、NAVEL
元気いっぱいのこの曲は、アルバムのトラックみたいにサビの部分のハンドクラップが綺麗に揃って入るとめちゃめちゃ素敵やと思うのですが・・・3公演参加した中では一度も入りませんでした。残念。一人でやや控え目に頑張りましたf^^;。

2、陽気なゴースト
間奏で登場するキタローさんのトロンボーンは相変わらずで、「おわりかい!」の突っ込みも相変わらずで、しばらくお会いできませんでしたが、何方様もお変わりなく…(^^;的な、お約束。
などと思っていたら、MCでも、『この街も、変わりなく…イオンがでかく…ジャスコが勢いに負けている…』とかなんとかf^^;。

3、LongYesterday
この曲はL-Oで弾いてほしかったなぁ。
この優しさはADDRESSと並んで、私の中ではL-O組の曲です。
3人のコーラスも素敵でした。

4、星に願いを
イントロから、12弦ギターの♪きら☆きら♪が、束になって押し寄せます。12個のペグもきらきら光ってました。この夜はよく晴れていて、十六夜の月も煌煌と輝いていたものですから、小さな星たちは月の影に成りをひそめていたのですが、この曲で名も無い星たちの瞬きが息を吹きかえし、聴こえてくるような気がしました。

5、十六夜
パーカッションやベースから始まると、どーしても手拍子が始まってしまうのでしょうか。私は十六夜の手拍子は好きではありません。曲が野暮ったくなる気がして。。。特に、唄のない間なんか、虚しくなります。弾き始め、3つ目の音?がいまいち鳴ってないのが気になりましたが、。この日は丁度、実際の月も十六夜でした。

6、ステレオ
この曲では、何故か手拍子が表で始まってしまう…。前回のOKSTでもそうでした。私にはよく解らない現象です。この日のイントロでは、キタローさんがタンバリンで裏を取ってくれたにもかかわらず、表と裏が半々くらいになってました。それもどーかと・・・f^^;…。こんなカッコイイ曲なのに、勿体無い…何とか演奏者側で阻止できないものでしょうか。

MC ピアノに座って話しだすも、途中で、ちょっといいですか・・・と、後ろを向いてお腹を拭く。
イオンがデカイことが気になるのか、大仏も買い物に行けるとか・・・言ってたな。(笑)
「入れない!」と会場から否定されて、「入れないですか…そうですか」そうですとも。

7、8月のクリスマス
ピアノの前の4列目にいたので、マイクを通さない息遣いも聴こえてきました。ギターの時とは違った緊張感の背中に、見とれていました。随分とピアノと仲良くなったようですね。OKST’05の時とは別人のようでした。ピアノがYAMADAさんだからでしょうか?(笑)

ぴんぽーん!「はいっ」引っ越し祝いに、鱒の寿司を持ってキタローさんとゲンタさんがやってきました。
リビングのソファーに移動。高岡にいる時に何度も召し上がったようで、鱒の寿司のパッケージの開け方が手馴れていました。(笑)ゲンタさんは開演前に古城公園で一人練習していたそうです。誰もいない公園で、落葉したもみじを眺めていたそうな。で、「俺はもみじになりたい!」「顔で笑って心で泣いて」なところが「男!!!」って感じなのだそう。でも銀杏はダメみたいです。赤くないとダメなのか?f^^;
映画撮影のとき、撮休日は石川でラジオをやっていたので、ほぼ1ヶ月休みなしだったのだけど、共演の関めぐみちゃんが風邪でダウンしたときに不謹慎にも「やったぁ~!!」と喜び勇んでみんなで焼肉屋に行ったら、レバ刺しがなくてショックを受けた…という話しをしておりました。いや、その店にたまたまなかっただけで、高岡にだってレバ刺しはあるはず・・・f^^;きっとね。
あと、製銅の工房の方が、手形を取らせてくださいと、(楽屋に?)いらしたのだそうです。で、「ちょっとハリウッド俳優みたいでしょ!?って思ってたら、『後日、事務所に送ります』・・・って(笑)・・・あ…、ありがとうございます・・・(笑)だって」大爆笑でした。そこで、山崎さんの手相が「マスカケ線」なんだよねぇ~って話もでました。しょーもない下ネタも織り交ぜながら・・・(会場から失笑をかいつつ)。「映画のイメージなんかぶっ壊してやる!(爆笑)」って、おもろいにーちゃんに戻ってました。因みに、私も手相はマスカケ線だったりします…ヽ(^^;おなごでございますが…。

8、未完成
私の大好きなL-Oを抱えています。
ハーモニカを吹き始めて、既にイントロ始まってるのに、キタローさんが「何て曲?(笑)」とニコニコしながら聞くので、思わず笑って止まってしまう山崎さん。L-Oは、いつも温かい音がします。

9、ADDRESS
イントロ始まってるのにまた「何て曲?(笑)」と、またしてもキタローさん。絶妙なタイミングで止めます。笑
セットの壁一面に映し出された木々の風に揺れる様を眺めていると、またいつかの風の悪戯を思い出して、ちょっとだけ涙がにじんでしまいました。スタジオ・ジンジャミエールからは、神社の木々が風に揺れるのが見えるのでしょうか。

10、ビー玉望遠鏡×低気圧ボーイ
ステージセンターに戻ってES-330に持ちかえる。心地よいリズムに自然と身体が揺れ始めます。そういえば、この曲に…この曲調に…表の手拍子をいれるのはやめてほしぃなぁ。せっかくの素敵なリズムが、もたついてしまう。こういう曲は、各自が曲にあわせて緩~く、揺れてるくらいが気持ちよくて、丁度いいと思うんですけどね。

11、全部、君だった。
前の晩が強い雨だったので、今日の古城公園の湿った地面の雨上がりの匂いを思い出しました。雨の匂いがしてくる唄ですね。雨の匂い…って、ちょっと涙の匂いに似ているのかもしれません。

しんみりしちゃったね・・・(笑)・・・ということで、パーティー!ですからパーティー要員確保!客席にキタローさんとゲンタさんが下りていきます。今回ステージに上がったのは、お若いご夫婦と男性2人組。

12、中華料理
L-Oはいつも山崎さんの唄を傍で聴けて、羨ましいな。
唄の最中は、ゲンタさんは浮き輪で遊び、キタローさんはポラロイドカメラで撮影大会。
唄の途中・・・
「ご結婚してどれくらいですか?・・・10年!?ご主人、ジャン・レノに似てますね」
♪レオン~♪で唄再開。
♪中華料理は行けるかい?×4♪の大合唱

13、道化者のチャーリー
ハンバーガー屋の回し者・・・ではなく、チャーリーが小首を傾げて見守っています。
これはイントロのギターで、凄く気を使っていたように思います。手拍子が起こらないように、ギターのブラッシングを極力控え目にしていたような。多分、滋賀とかでは普通に弾いてたんですよ。ライブの回数を重ねる毎に、手拍子がおこらないような工夫がなされているのだなぁ・・・と、妙なところで感心してしまいました。

寸劇・・・ゲンコちゃんはタバコを買いに行ったまま3日も行方知れずのチャーリーを探して、はるばる高岡までやってきたのでした。。。(台詞は不正確です、金沢と混同してるかもしれませんが、流れですので、あくまでも・・・f^^;ご了承ください・・・m(_ _)m)

ゲ:「もう3日よ、何も食べてないのよ、ガリガリよ!」
チ:「…(2度見)…ガリガリ…には見えないよ…f^^;」
ゲ:「ちょっとメタボってるけど・・・」
チ:「メタボってるゲンコちゃんも素敵だよ(はぁと)」
ゲ:「メタボっててもお腹はすくのよ。今日は、罰としてチャーリーがディナーをご馳走してくれるの!」
チ:「んーここはねぇ、海のものは美味しいよ。お寿司ぃ~とかどう?」
ゲ:「んー。今日はすっぱいご飯な感じじゃないの。」
チ:「すっぱいご飯な感じじゃない・・・(笑)。じゃぁ焼肉?あ、レバ刺し無いけど…あ?生はいいのか?」
ゲ:「生はだめよぉ~!!!今年のブームは『焼く』てアンアンに書いてあったわ!」
チ:「今年のブームは『焼く』???」
とか言う流れで・・・f^^;・・・
チ:「高岡!焼きたいのかぁ~?パンを焼くぅ~!!!」

14、パンを焼く
♪好きならしょうがなぁ~い♪を一緒に唄いながら、いつも思うんですよね。なんやかんやあっても、結局ライブに来てしまう…ホント、しょうがないなぁ・・・と(笑)。早口言葉で、東京特許許可局局長・東京特許都知事は石原!!って唄ってました。(笑)

15、Fat Mama
ストリングスの時とはまたアレンジがざっくり違ってて面白かったです。こういう勢いのある曲はライブが一気に盛り上がります。

16、長男
私の兄も長男です・・・なんか、最近、頑張ってるみたいです。(笑)
熱帯雨林のジャングルに響くような叫び声と、パーカッションと、ES-330の絡みつくような音。これぞ長男にまとわりつく世間のしがらみ(なのか?)。アップテンポなので、そんなしがらみを振り切るようにジャングルを疾走する感じで、あっという間に終わってしまいました。

17、アンジェラ
唄い出しを失敗しなくなりましたね。(笑)よかったよかった。
3公演聴いた中では一番私に優しい音圧でした。(笑)
この曲も手拍子なんて要らないと思います。

18、晴男
これは私個人的には、手拍子よりは膝を使って身体が上下に揺れてる感じで聴くのがとても気持良いです。両手を空に掲げて左右にゆれながら、とっても楽しいはずなのに、ライブがもうすぐ終わってしまう寂しさもちょっとだけ感じる瞬間です。
♪ららら♪で見送るように、山崎さん、キタローさん、ゲンタさんの順に、それぞれが楽器を置いて一人ずつ演奏から抜けてステージを去っていきます。それでも会場からの拍手と♪ららら♪は鳴り止みません。

アンコール
♪らぁ~ら らぁ~ら らぁ~ら らぁ~らら♪
♪らぁ らぁ らぁ らぁ らぁ~♪
♪らぁ らぁ らぁ らぁ らぁ~♪
鳴り止まない歌声に、再び3人が登場です。
そのまま歌い続けて!の合図で、会場の声がさらに大きくなります。

19、セロリ
♪らぁ~ら らぁ~ら らぁ~ら らぁ~らら♪に乗っかるように、繋げたセロリ。この繋げ方は、ツアーの最初から計算してたんでしょうかね。うまいこと繋がってます。

20、月明かりに照らされて
実は、このツアーで一番好きなのは、ここです。この日の高岡でのアレンジは、一番好きです。イントロのギターといい、唄始まりの溜めといい・・・素敵すぎ。でも、鎮痛剤を飲んでいないと、一番大変なことになるのも、実はこの曲です。(号泣)

21、バス停
キタローさんと、ゲンタさんが去って、一人ステージにのこった山崎さん。
あぁ、もう終わってしまうのか・・・と思うと寂しくて、何を喋ってたんだか・・・よく覚えていません。
イントロのギターで、手拍子がおこってしまい、さりげなくギターから手を離し、右手人差し指を口元へ…「しぃ~」の合図。手拍子がおさまったところで再び曲へ。会場を操るのがお上手ですね。手拍子封じの技は完璧なので、今後は表打ち封じの技もあみ出してほしいです。(笑)
最後にステージ下手で何度も両手でピースサイン。そして投げキッス。湧きあがる会場に向かって、
「・・・しぃ~・・・」と鎮めてから…「おやすみなさぁ~ぃ!!!」「ぱちっ!(消灯)」

あっという間に、おわっていまいました。
さ、アンケートを書いて、十六夜の月を眺めながら・・・ご飯食べに行こう・・・((((;^^)
てなわけで、高岡の夜は更けていくのでした。

会場前には映画の撮影でお世話になった「陣太鼓」さんからお花が届いておりました。十六夜の月と一緒にフレームに入れるのが難しかったぁ~。(笑)
061206jindaikomoon


|

« 『ベンジャミン』 | Main | HMAT'2006@金沢 »

Comments

私も、何これ?って、思わず見つめてしまいました。早くから飾り付けたので空気が抜けちゃったのかしら?
話は変わりますが、ライブの前の腹ごしらえに大和のデパ地下で買った、炊き込みおこわ&とろろ昆布のおにぎり美味しかったわ♪ラッキー♪
今夜は陣太鼓でまさよしセットに舌鼓。これも美味しかったけど、主婦には痛い出費だった。けど幸せでした。まさやんのサイン色紙を持ち帰りたい衝動にかられながら・・私のまさやんデーも閉幕。暫くは抜け殻状態・・早めに社会性復活しなければ・・家族の痛いまなざしが・・

Posted by: もなか | December 07, 2006 at 11:58 PM

>もなかさん
高岡に参加されたのですね。このサンタクロースさん、多分お休みの日(水曜日はあそこのアーケードお休みみたいですね)はヤル気が出ないのでしょう(笑)。きっとお店を開けてるときにしか「命の息吹」が吹き込まれないのでは???f^^;

Posted by: 花音 | December 08, 2006 at 12:19 AM

やっとライブレポあげました。
長くてすいません。m(_ _)m
なんかね、記憶を紐解いていくと、こんなになってしまいました。曲順は合ってるはず(他人のライブレポを参照して確認したらしぃf^^;)、でもMCとかがもしかしたら金沢と混同してるかもしれません。つっこみ所がありましたら、裏手で「なんじゃそら!」って指摘してくださいまし。f^^;

Posted by: 花音 | December 13, 2006 at 02:22 PM

はぁ~い!
全部、君だった♪はL-O爺さんなんですかぁ?
お年寄りだからボディに穴は開けてないはずですが・・・ギター娘、どないやねん!

Posted by: achipi- | December 13, 2006 at 08:08 PM

あ、ホントだ。全部、君だった。はセンターで弾いてたっけ。しかもES-330です。失敬失敬。(^^ヾ

あ、あとね、最後のMCって何喋ってたか覚えてる人・・・補足お願いします。薬が効いてたせいか、興奮なのか・・・全然思い出せない。(汗)

Posted by: 花音 | December 14, 2006 at 12:32 PM

映画の撮影中も撮影後も何度となく高岡に赴いてますが動物園は行ってないな~。いろいろいますね、今度行ってみよー。
最後は確か、テレビより映画のお仕事が好きだと言ってたような、、(かなり柔らかく書きました)(笑
陣太鼓からのお花私も写真撮りました~。花音さん写真上手~私は名前と花を撮るのに精一杯^^;


Posted by: トトメ | December 14, 2006 at 04:42 PM

>トトメさん
このお花の写真を撮ろうと思って携帯を出したら電池切れでした。動物園で電池を消費しすぎました。f^^;そろそろ電池パックの寿命のようです。
で、同行のMちゃんの携帯で撮らせてもらってPCに送ってもらう…という面倒をかけてしまいました(^^;。かなりローアングルでないと、お月さまも一緒には撮れなくて、地面にへばりつくように撮りました。(笑)
あぁ、そっかMCで「テレビの仕事は○○○だけど、映画は好きです!」って、確かに言ってました!!!

Posted by: 花音 | December 15, 2006 at 09:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72780/12957366

Listed below are links to weblogs that reference HMAT'2006@高岡:

« 『ベンジャミン』 | Main | HMAT'2006@金沢 »