« December 2007 | Main | February 2008 »

January 20, 2008

ツアー無し? つまんないの。

今年は山崎まさよし氏にはツアーの予定は無いらしい〓矢野雑貨店の新年の挨拶で本人が言ってたそうな。OKSTはお預けか(T_T)。

最新の会報に書いてあった穂苅さんの記事を読んで思ったのだけど、やっぱり一人のステージが一番凄いって事なのでは?。
これまで様々な曲をカバーしてきた…それもギター一本で、沢山の楽器パートも表現しつつ、尚且つ同時にあれだけ唄える。これは凄いことだって、穂苅さんは言いたいのだよね?私もこれには深く同感。他にあんな演奏しながら唄える人いないと思う。でも穂苅さんがそう言うなら尚更、OKSTだけが、その凄さを余すところなく発揮できる唯一のスタイルだと私は思うんだけどな〜。バンド入るとギターの弾き方も一人の時より薄いし、第一マスキングされて、聴きたい音が全く聴こえないのだもの(^^;)。
何か、つまんないな〜と思う今日この頃。

今年はスガ氏の『春の宴』と、あとは今のところACくらいかな〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 19, 2008

月の暈

 先ほど、仕事から帰って車を降りると、冷え切った外気が頬に心地
良く、んなぁ~っと、両手を頭上に上げて背中を伸ばしながら…
ふと晴れ渡った夜空を見上げてみると、頭上にはそれはそれは瑞々
しいレモン型の月と、その周りには大きな月の暈(かさ)が出ており
ました。

「月の暈」とは、空にある氷の結晶の中を光が屈折しながら
通り抜けることによって月の周りに円形が出る現象。

だそうです。(^^)/←ききかじり

 今までも、何度か月の暈は見た事あったのですが、今夜のは特別
大きくて、びっくりしました。写真にとっておきたかったけど、でか過ぎ
てフレームに入りませんでした。
月の直径の30倍くらいある月の暈・・・。幻想的で壮観でした。
しばらくして、もう一度観ようと思ったら消えちゃってました。
20分くらいで消えちゃったのか・・・。
観られただけでもラッキー・・・ということにしておこう。(((((;^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2008

今更な難聴話。

 今年に入ってくらいでしょうか、浜崎あゆみさんの左耳難聴の話が
話題になっておりますが、以前にもそういう話は出てましたよね。
私の記憶違いかなぁ?と思って、私よりも『あゆ』に詳しそうな女の子
に聞いてみました。すると、やはり5~6年くらい前だか?に、あゆの
特集を組んだTV番組でそういう話が出ており、その女の子も知って
ました。
私と同じように「何故に今更そんな話を持ち出すのか?」と思っ
たそうです。ちなみに、うちの兄も知ってました。

ネットで読んだ新聞記事によれば、医者は当初(当たり前ですが)
生活環境を見直すように警告していたようですし、それでも本人を含
めて会社全体で、音楽活動を優先させた結果なんだろう…とは思い
ますが・・・。音楽業界ではそれほど珍しい話ではないはず・・・。
やっぱり、「浜崎あゆみ」だとニュースになるんですかね。
ていうか、音楽活動に支障がないなら、わざわざ言わなくてもいい
んじゃないか?とも思いますけど・・・。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080112-00000040-mai-soci

「左耳が悪くなるのは、最も音が大きいドラムやベースが左後ろ
にいるため・・・」
ということは、観客は右耳をやられる訳ですね・・・f^^;
くわばらくわばら・・・。(((((((((;^^)

で、この先、音楽業界さんとしては、「職業病だから仕方ないじゃん」
ということで、アーティストさんの難聴街道まっしぐら…は、このまま
放置する気なのでしょうかね。すぐに死ぬような病気じゃないから軽く
見られてるんでしょうかね。因果関係が不明確だから対策がうてない
とかいうのでしょうか?
百歩譲って音楽活動に支障がなくても、健康を害されているってこと
は理解したほうがいいと思いますけどね。
音の位置が判らなくなるってことは、避けられる危険も避けられなく
なるってことですし。いずれは日常生活に支障が…って話です。

 人間の感覚器官のキャパ具合とかもある程度考えて、音を作って
くれると観客も聴覚を壊されずに済むんですけどね・・・。

 ちなみに、うちの兄は10代の頃にアマチュアのライブを聴きに行っ
て騒音性突発性難聴になりました。が、すぐに通院して完治。
でも、同じ原因で同じ症状を呈した同級生の一人はめんどくさがって
通院しなかった為、今でも難聴が残っているそうです。
 そんなわけで、ライブに行って突然耳がおかしくなったら、すぐに
病院に行きましょう。
治るものも放置すると一生モノになるそうな。(-人-)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 09, 2008

「あしたの、喜多善男」

すっかり、新年が明けてました。おめでとうございました。(過去形)

さて、待ちに待っていた、ドラマ「あしたの、喜多善男」の第1回目
の放送を見ました。なかなか謎が沢山散りばめられていて、少し
ずつ色んな伏線が張ってあって、これからそれらがどんどん繋がっ
ていくのでしょうね。どんな展開になっていくのか楽しみです。
エンディングにかかる「真夜中のBOON BOON」も何やら渋いですね。
小日向さんがやわらかいビジュアルなので曲との微妙なギャップを
感じておりますが、松田龍平くんがかなり強烈なスパイスになって
いて、全体の画が締まりますね。色々と、結構冒険してるドラマなの
かな~と思いました。生瀬さんの保険調査員が良い味出してます。
好きですああぃうの。

それにしても、前枠ドラマ「ハチミツとクローバー」ですが、一昨年?
公開された映画版がかなり良いキャスティングで、そうとう原作に
忠実だったので、何か・・・今回のドラマでは原作の世界が壊れて
しまわないかと心配になりました。ハチクロは、アニメ版も好きで繰り
返し見ては号泣していたので、あんまり内容をいじって原作を壊して
ほしくはないんですけどね…。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

« December 2007 | Main | February 2008 »