« 冬ハイ行きました。 | Main | 今更な難聴話。 »

January 09, 2008

「あしたの、喜多善男」

すっかり、新年が明けてました。おめでとうございました。(過去形)

さて、待ちに待っていた、ドラマ「あしたの、喜多善男」の第1回目
の放送を見ました。なかなか謎が沢山散りばめられていて、少し
ずつ色んな伏線が張ってあって、これからそれらがどんどん繋がっ
ていくのでしょうね。どんな展開になっていくのか楽しみです。
エンディングにかかる「真夜中のBOON BOON」も何やら渋いですね。
小日向さんがやわらかいビジュアルなので曲との微妙なギャップを
感じておりますが、松田龍平くんがかなり強烈なスパイスになって
いて、全体の画が締まりますね。色々と、結構冒険してるドラマなの
かな~と思いました。生瀬さんの保険調査員が良い味出してます。
好きですああぃうの。

それにしても、前枠ドラマ「ハチミツとクローバー」ですが、一昨年?
公開された映画版がかなり良いキャスティングで、そうとう原作に
忠実だったので、何か・・・今回のドラマでは原作の世界が壊れて
しまわないかと心配になりました。ハチクロは、アニメ版も好きで繰り
返し見ては号泣していたので、あんまり内容をいじって原作を壊して
ほしくはないんですけどね…。

|

« 冬ハイ行きました。 | Main | 今更な難聴話。 »

Comments

今年もよろしくお願いします。

私もどっちもドラマ見ました。喜多善男は正直見る前は、まさやんの主題歌目的でしたが、面白かった!続き気になる!!早速原作本買ってきてしまいました。こういう良質なドラマの主題歌がまさやんだなんて嬉しいです。
ハチクロは~、私も原作ファンなので言いたいことはいろいろです。でもあえて言わない(笑
あ、洋服が通販のフェリシモのが使われたっていうのはドラマではとても斬新だと思いました。
でもなぁ、、ローマイヤ先輩あれはないだろ、キャストはともかくポエマー、、私の中ではなんとなく坂口憲ニさんをイメージしてたので(って言わないといいつつ言ってるやん^^;

Posted by: トトメ | January 12, 2008 at 10:21 AM

花音ちゃん、おめでとうございます
福の神がバッサバッサ降りてくる年になりますように。
「真夜中の~」は、♪BOON BOON闇の中で~?のとこしか思い出せない(^^;
案外玄人っぽい曲かなあ
「ハチクロ」の話題にはついていけません、悲し。

Posted by: ファイロ | January 12, 2008 at 06:27 PM

さてさて、今日は第二話の放送ですね。喜多喜男の運命や如何に…(^^;)。
私は原作は読んでないですね〜。
原作ファンと言えば、伊坂幸太郎さんの『重力ピエロ』が映画化されるって話はどうなったのかな〜(^^;)。気になる。

ローマイヤ先輩もそうなんですが、私的には修ちゃんも、森田さんも、ハグちゃんも、真山くんも、山田さんのお父さんも、りかさん(まだ出番ないけど)も、微妙にずれてる感があります(^^ゞ。竹本くんも惜しいな〜なんて。
山田さんは割りと合ってる気がします。映画版では関めぐみちゃんがやってましたね。関ちゃんもはまってました。
これから、だんだん馴染んで行けば良いですけどね〜(^^ゞ。

Posted by: 花音 | January 15, 2008 at 11:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72780/17632563

Listed below are links to weblogs that reference 「あしたの、喜多善男」:

» あしたの喜多善男〜世界一不運な男の、奇跡の11日間〜はおもしろそうだ [僕のつぶやき。 ネットの窓から。]
昨日は残念ながら途中からみたが引き込まれた。主人公の喜多善男(小日向文世)は善人でどこか頼りない。このドラマは11日後に死ぬ事をきめた平凡な男の再生ヒューマンドラマらしい。 原作は島田雅彦さんの小説『自由死刑』(じゆうしけい)らしい。 ドラマの主人公喜多善男世界一不運な男のキャステングは小日向文世さんはピッタリだ。 他ののキャスト 矢代平太 … 松田龍平 鷲巣みずほ … 小西真奈美 長谷川リカ … 栗山千明 宵町しのぶ … 吉高由里子 江端達夫 … 岩松 了 三波貴男 … 今井雅之 森脇大輔 … 要... [Read More]

Tracked on January 09, 2008 at 08:58 PM

« 冬ハイ行きました。 | Main | 今更な難聴話。 »