« 「あしたの、喜多善男」 | Main | 月の暈 »

January 18, 2008

今更な難聴話。

 今年に入ってくらいでしょうか、浜崎あゆみさんの左耳難聴の話が
話題になっておりますが、以前にもそういう話は出てましたよね。
私の記憶違いかなぁ?と思って、私よりも『あゆ』に詳しそうな女の子
に聞いてみました。すると、やはり5~6年くらい前だか?に、あゆの
特集を組んだTV番組でそういう話が出ており、その女の子も知って
ました。
私と同じように「何故に今更そんな話を持ち出すのか?」と思っ
たそうです。ちなみに、うちの兄も知ってました。

ネットで読んだ新聞記事によれば、医者は当初(当たり前ですが)
生活環境を見直すように警告していたようですし、それでも本人を含
めて会社全体で、音楽活動を優先させた結果なんだろう…とは思い
ますが・・・。音楽業界ではそれほど珍しい話ではないはず・・・。
やっぱり、「浜崎あゆみ」だとニュースになるんですかね。
ていうか、音楽活動に支障がないなら、わざわざ言わなくてもいい
んじゃないか?とも思いますけど・・・。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080112-00000040-mai-soci

「左耳が悪くなるのは、最も音が大きいドラムやベースが左後ろ
にいるため・・・」
ということは、観客は右耳をやられる訳ですね・・・f^^;
くわばらくわばら・・・。(((((((((;^^)

で、この先、音楽業界さんとしては、「職業病だから仕方ないじゃん」
ということで、アーティストさんの難聴街道まっしぐら…は、このまま
放置する気なのでしょうかね。すぐに死ぬような病気じゃないから軽く
見られてるんでしょうかね。因果関係が不明確だから対策がうてない
とかいうのでしょうか?
百歩譲って音楽活動に支障がなくても、健康を害されているってこと
は理解したほうがいいと思いますけどね。
音の位置が判らなくなるってことは、避けられる危険も避けられなく
なるってことですし。いずれは日常生活に支障が…って話です。

 人間の感覚器官のキャパ具合とかもある程度考えて、音を作って
くれると観客も聴覚を壊されずに済むんですけどね・・・。

 ちなみに、うちの兄は10代の頃にアマチュアのライブを聴きに行っ
て騒音性突発性難聴になりました。が、すぐに通院して完治。
でも、同じ原因で同じ症状を呈した同級生の一人はめんどくさがって
通院しなかった為、今でも難聴が残っているそうです。
 そんなわけで、ライブに行って突然耳がおかしくなったら、すぐに
病院に行きましょう。
治るものも放置すると一生モノになるそうな。(-人-)

|

« 「あしたの、喜多善男」 | Main | 月の暈 »

Comments

あ、ちなみに、あゆの難聴は「内耳性突発性難聴」という診断?なので、爆音被曝が直接の原因ではないかもしれませんが、2000年に診断を受けて休養が必要と言われていたにも関わらず適切な治療と休養を与えなかったのだから、結果的に音楽業界が彼女の耳を壊したのと同じことですね。

Posted by: 花音 | January 19, 2008 at 01:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72780/17742777

Listed below are links to weblogs that reference 今更な難聴話。:

« 「あしたの、喜多善男」 | Main | 月の暈 »